/

首相「最後の一日まで働く内閣に」 政権1年で

内閣発足から1年を迎え、報道陣の質問に答える菅首相(16日午前、首相官邸)

菅義偉首相は16日、政権発足1年を受け「国民の命と暮らしを守ることを最優先に新型コロナウイルス対策に明け暮れた1年だった」と述べた。「最後の一日まで国民のために働く内閣として全力で働きたい」と強調した。

首相官邸で記者団の質問に答えた。ワクチンの接種進展に触れ「国民の不安を一日も早く無くし、かつての生活を取り戻す」と話した。新規感染者数は減少傾向にあるが、油断せずに医療体制を整備すると説明した。

行政のデジタル化や脱炭素、不妊治療の保険適用などを成果に挙げた。「未来を担う若者たちにも道筋を付けることができた」と振り返った。福島第1原発の処理水の海洋放出を例示し「先送りできない課題について対応できた」と語った。

すべての記事が読み放題
有料会員が初回1カ月無料

新型コロナ

新型コロナウイルスの関連ニュースをこちらでまとめてお読みいただけます。

ワクチン・治療薬 休業・補償 ビジネス 国内 海外 感染状況

関連トピック

トピックをフォローすると、新着情報のチェックやまとめ読みがしやすくなります。

セレクション

トレンドウオッチ

新着

注目

ビジネス

ライフスタイル

新着

注目

ビジネス

ライフスタイル

新着

注目

ビジネス

ライフスタイル

フォローする
有料会員の方のみご利用になれます。気になる連載・コラム・キーワードをフォローすると、「Myニュース」でまとめよみができます。
新規会員登録ログイン
記事を保存する
有料会員の方のみご利用になれます。保存した記事はスマホやタブレットでもご覧いただけます。
新規会員登録ログイン
Think! の投稿を読む
記事と併せて、エキスパート(専門家)のひとこと解説や分析を読むことができます。会員の方のみご利用になれます。
新規会員登録 (無料)ログイン