/

西村経財相「経済下振れに十分注意」 経済演説

(更新)

西村康稔経済財政・再生相は経済演説で「新型コロナウイルスの感染拡大による経済の下振れリスクに十分な注意が必要だ」と指摘した。予算や規制改革・税制といった政策を総動員し「国内総生産(GDP)は来年度中にコロナ前の水準に回復と見込む」と述べた。

デジタル化には「民間企業の経営革新を促す」と訴えた。脱炭素に向けたグリーン政策では「民間の大胆な投資やイノベーションの取り組みを後押しする」と語った。

環太平洋経済連携協定(TPP)は加盟拡大に意欲を示した。「協定の高いレベルを満たす用意ができているかしっかりと見極める」と言明した。

全世代型社会保障改革に関しては「現役世代の負担上昇を抑えながら、全ての世代の方々が安心できる社会保障制度を構築する」と話した。

すべての記事が読み放題
有料会員が初回1カ月無料

関連トピック

トピックをフォローすると、新着情報のチェックやまとめ読みがしやすくなります。

セレクション

トレンドウオッチ

新着

注目

ビジネス

暮らし

新着

注目

ビジネス

暮らし

新着

注目

ビジネス

暮らし

フォローする
有料会員の方のみご利用になれます。気になる連載・コラム・キーワードをフォローすると、「Myニュース」でまとめよみができます。
新規会員登録ログイン
記事を保存する
有料会員の方のみご利用になれます。保存した記事はスマホやタブレットでもご覧いただけます。
新規会員登録ログイン
Think! の投稿を読む
記事と併せて、エキスパート(専門家)のひとこと解説や分析を読むことができます。会員の方のみご利用になれます。
新規会員登録 (無料)ログイン