/

この記事は会員限定です

組織委会長選び「政治から中立を」「候補不在が問題」

識者に聞く

[有料会員限定]

東京五輪・パラリンピック大会組織委員会会長の辞任を表明した森喜朗氏の後任選びが始まった。開催実現に向け、政府とのパイプや国際オリンピック委員会(IOC)などとの交渉力が重要になる。現職国会議員の名も挙がるが、政治家が後任にふさわしいか是非を聞いた。

舛本直文・東京都立大・武蔵野大客員教授「五輪団体は政治から中立を」

森喜朗氏の後任会長に現職の政治家が就くのは組織委のオートノミー(自律性)という観...

この記事は会員限定です。登録すると続きをお読みいただけます。

残り1200文字

すべての記事が読み放題
有料会員が初回1カ月無料

関連トピック

トピックをフォローすると、新着情報のチェックやまとめ読みがしやすくなります。

セレクション

トレンドウオッチ

新着

注目

ビジネス

暮らし

新着

注目

ビジネス

暮らし

新着

注目

ビジネス

暮らし

フォローする
有料会員の方のみご利用になれます。気になる連載・コラム・キーワードをフォローすると、「Myニュース」でまとめよみができます。
新規会員登録ログイン
記事を保存する
有料会員の方のみご利用になれます。保存した記事はスマホやタブレットでもご覧いただけます。
新規会員登録ログイン
Think! の投稿を読む
記事と併せて、エキスパート(専門家)のひとこと解説や分析を読むことができます。会員の方のみご利用になれます。
新規会員登録 (無料)ログイン