/

15日の参院予算委の主なやりとり

総務省幹部への接待問題で説明するNTTの澤田純社長(15日、参院予算委)

15日の参院予算委員会論戦の要旨は次の通り。

NTT接待問題

大家敏志氏(自民)NTTが国会議員と会食していたのは事実か。

澤田純NTT社長 大きなご迷惑とご心配をお掛けし、心よりおわび申し上げる。日ごろから与野党国会議員をはじめ、各界有識者と懇談する場を設けている。業務上の要請、あるいは便宜を受けるという話はしていない。

大家氏 総務省幹部との会食の事実関係を。

澤田氏 会食は2018年秋に2回、昨年6月に1回あった。広く一般的な意見交換をした。

福山哲郎氏(立民)菅義偉首相や武田良太総務相と食事をしたことがあるか。

澤田氏 個別にどなたと会食したか否かを公開すると事業に影響がある。

福山氏 総務省幹部との会合では、コンプライアンス(法令順守)を丁寧にすべきだ。

澤田氏 業務上の要請、あるいは便宜を図っていただいたことはない。

斎藤嘉隆氏(立民)山田真貴子前内閣広報官ら総務省幹部への接待は事業の進展のためか。

澤田氏 総務省側から意見交換を持ち掛けられ「では会食を」と話した。私の認識が甘かった。

斎藤氏 接待で携帯電話料金引き下げが話題に上ったか。

澤田氏 値下げは事業者の戦略で、私から話をすることはない。

斎藤氏 総務審議官を更迭された総務省の谷脇康彦氏は接待で料金が話題に出たことを認めた。

澤田氏 話は出たかもしれないが、たぶんそこで止めたというか、次の話題に変えたと思う。

斎藤氏 昨年6、7月の会食でNTTドコモの完全子会社化を取り上げたか。

澤田氏 インサイダー情報そのものだ。昨年4月以降は守秘を徹底している。どなたにも話していない。

平木大作氏(公明)会食や接待は社内ルールに照らして適切だったか。

澤田氏 国家公務員倫理法に関する項目のルールが具体的に書かれていないという問題があった。大変反省している。

矢田稚子氏(国民)国家公務員倫理法施行後も官僚の不祥事が続いている。全省庁に総点検を掛けることが必要だ。

首相 総務、農林水産両省で調査する。結果を受けた後にもう一度検証する必要がある。

総務省幹部らへの接待問題で答弁する菅首相(15日)

山添拓氏(共産)携帯電話料金の引き下げを巡り、競争環境をゆがめた可能性があったのではないか。

首相 (総務省幹部らへの接待と、料金の引き下げ政策を)結び付けるのは飛躍し過ぎる。

山添氏 なぜ会食が重ねられたのか。料金値下げを看板に掲げる首相、グループ再編を狙うNTTの思惑が一致したからにほかならない。その表れがNTTドコモの完全子会社化だ。

東北新社問題

進藤金日子氏(自民)東北新社は衛星放送の事業申請段階で、外国資本規制を巡る放送法違反を認識していたのか。

参院予算委で総務省幹部らへの接待について説明する東北新社の中島信也社長(15日午前)

中島信也東北新社社長 総務省関係者との不適切な会食で疑念を持たれるに至ったことを深くおわびする。総務省に衛星放送の事業を申請した16年の時点では、外資規制への抵触を認識していなかった。

進藤氏 申請も審査も、ずさんではないか。

総務相 申請書のミスが主たる原因とはいえ、総務省の審査も十分ではなかった。事態を重く受け止めている。審査体制の強化を検討したい。

進藤氏 どのように問題の決着を図るのか。

総務相 接待問題を検証する第三者委員会を今週中に立ち上げる予定だ。

福山氏 中央官僚が接待を受けていた。首相の子息が関わっている総務省は虚偽答弁ばかりだ。

首相 家族が関係し、結果として国家公務員倫理法違反となったことは大変申し訳なく、おわび申し上げる。

斎藤氏 首相は会費を払わず業者と会食したことはあるか。

首相 国民の疑念を招くような会食、会合に応じたことはない。

平木氏 会食や接待に関する社内ルールに照らして適切だったのか。

中島氏 非常に曖昧な内容で、公務員との会食のルールは存在していなかった。許認可や事業に関する要望はなく、社会情勢や業界一般の話題があったと報告を受けている。

平木氏 外資規制の違反を見逃すよう総務省に働き掛けたのか。

中島氏 働き掛けたことはない。

山添氏 17年8月時点で二宮清隆東北新社前社長も外資規制違反を認識していたのか。

中島氏 認識していた。

緊急事態宣言

福山氏 新型コロナウイルス緊急事態宣言の要否や現状評価は。

首相 言える状況ではない。専門家の意見も聞きながら最終的に判断したい。

尾身茂・政府新型コロナウイルス感染症対策分科会長 見えない感染源があるのではないか。クラスターも以前に比べ、かなり多様化している。

青木愛氏(立民)感染を抑え込むための対策は。

尾身氏 国や自治体の役割と一般市民の協力、両方が必要だ。緊急事態宣言を延長しても解除しても、感染抑え込みの本格的な解決にはならない。

参院予算委で答弁に臨むワクチン接種担当の河野規制改革相(15日午後)

コロナワクチン

青木氏 新型コロナワクチン接種を証明する書類「ワクチンパスポート」を推奨するか。飛行機の搭乗やイベントの入場を拒否されるなどの差別が生まれることは絶対に良くない。

河野太郎規制改革相 国際的に必要な状況になれば検討せざるを得ない。

青木氏 国内での使用は。

規制改革相 考えていない。

子育て世帯支援

下野六太氏(公明)長引く新型コロナの影響で生活が厳しい低所得の子育て世帯が増えている。

首相 16日に関係閣僚会議を開き、支援策をしっかり検討したい。

矢田氏 0~2歳児の教育・保育や高等教育の無償化対象が低所得世帯に限られており、所得中間層が取り残されている。

首相 はざまの部分の支援も検討したい。

困窮学生支援

吉良佳子氏(共産)新型コロナの影響を受けて困窮する学生が退学、休学しないよう給付金を支給すべきだ。

首相 幅広い取り組みで学生が進学を諦めることがないよう、しっかり支えていきたい。

幼稚園連合会

青木氏 全日本私立幼稚園連合会の使途不明金問題について。

萩生田光一文部科学相 極めて残念だ。一日も早い真相究明を求めたい。

原発処理水

梅村みずほ氏(維新)東京電力福島第1原発の処理水問題は、早期に首相が判断すべきだ。

首相 政府として適切な時期に責任を持って対応しなくてはならない。

大臣規範

松沢成文氏(維新)大臣規範に罰則を設けるか、国家公務員倫理法に政務三役を組み入れるべきだ。

首相 規範の順守を徹底し、自ら律することで厳正な職務規律の確保に取り組む。〔共同〕

春割ですべての記事が読み放題
今なら2カ月無料!

関連トピック

トピックをフォローすると、新着情報のチェックやまとめ読みがしやすくなります。

関連企業・業界

セレクション

トレンドウオッチ

新着

ビジネス

暮らし

ゆとり

新着

ビジネス

暮らし

ゆとり

新着

ビジネス

暮らし

ゆとり

フォローする
有料会員の方のみご利用になれます。気になる連載・コラム・キーワードをフォローすると、「Myニュース」でまとめよみができます。
春割で申し込むログイン
記事を保存する
有料会員の方のみご利用になれます。保存した記事はスマホやタブレットでもご覧いただけます。
春割で申し込むログイン
Think! の投稿を読む
記事と併せて、エキスパート(専門家)のひとこと解説や分析を読むことができます。会員の方のみご利用になれます。
春割で申し込むログイン