/

この記事は会員限定です

立民・篠原豪衆院議員「8割超の負担、評価に値」

政策を聞く(在日米軍駐留経費)

[有料会員限定]

日米同盟は日本の安全保障の基軸だ。中国が急速に軍事力を拡大し、強引な海洋進出を進めており、日本を取り巻く環境は厳しい。バイデン政権でも米軍のプレゼンス確保は日本の防衛に欠かせない。

日本の防衛予算が国内総生産(GDP)比で1%を下回ってきたのも在日米軍の存在が大きい。在日米軍の駐留経費を負担するのは一定程度理解できる。

一方で日本に基地があることで米国はアジア太平洋地域で優位な地位を保っている。...

この記事は会員限定です。登録すると続きをお読みいただけます。

残り272文字

すべての記事が読み放題
有料会員が初回1カ月無料

セレクション

トレンドウオッチ

新着

注目

ビジネス

暮らし

新着

注目

ビジネス

暮らし

新着

注目

ビジネス

暮らし

フォローする
有料会員の方のみご利用になれます。気になる連載・コラム・キーワードをフォローすると、「Myニュース」でまとめよみができます。
新規会員登録ログイン
記事を保存する
有料会員の方のみご利用になれます。保存した記事はスマホやタブレットでもご覧いただけます。
新規会員登録ログイン
Think! の投稿を読む
記事と併せて、エキスパート(専門家)のひとこと解説や分析を読むことができます。会員の方のみご利用になれます。
新規会員登録 (無料)ログイン