/

この記事は会員限定です

梶山静六氏の教え「国民の食いぶちをつくる」 首相演説

[有料会員限定]

菅義偉首相の施政方針演説で「新型コロナウイルス対策と経済の両立」という文言が消えた。昨秋の所信表明演説には盛り込んでいた。足元の感染急拡大を受けて「まずは感染収束」へと転換した。演説内容からは経済維持という政治信条との葛藤が垣間見える。

首相は今回の演説に自らの思いを盛り込んだ。「政治の師」と仰ぐ梶山静六氏の教えである。演説の締めくくりに「国民の食いぶちをつくっていくのがおまえの仕事だという(梶山...

この記事は会員限定です。登録すると続きをお読みいただけます。

残り867文字

すべての記事が読み放題
有料会員が初回1カ月無料

セレクション

トレンドウオッチ

新着

注目

ビジネス

暮らし

新着

注目

ビジネス

暮らし

新着

注目

ビジネス

暮らし

フォローする
有料会員の方のみご利用になれます。気になる連載・コラム・キーワードをフォローすると、「Myニュース」でまとめよみができます。
新規会員登録ログイン
記事を保存する
有料会員の方のみご利用になれます。保存した記事はスマホやタブレットでもご覧いただけます。
新規会員登録ログイン
Think! の投稿を読む
記事と併せて、エキスパート(専門家)のひとこと解説や分析を読むことができます。会員の方のみご利用になれます。
新規会員登録 (無料)ログイン