/

この記事は会員限定です

デジタル政策の方向性、新法で規定 IT基本法は廃止

[有料会員限定]

菅義偉内閣が柱に据えるデジタル改革の関連法案の全容が15日、わかった。デジタル庁の設置やデジタル社会の実現に向けた方向性を新法に定める。政府のIT(情報技術)政策の基本方針を示すIT基本法は廃止する。

IT基本法に代わるデジタル社会形成基本法案はゆとりや豊かさを実感でき、安心して暮らせる社会の実現を理念として書き込む。利用機会の格差是正や、権利や利益の保護を明記する。デジタル庁設置法案は同庁の事務...

この記事は会員限定です。登録すると続きをお読みいただけます。

残り369文字

すべての記事が読み放題
有料会員が初回1カ月無料

セレクション

トレンドウオッチ

新着

ビジネス

暮らし

ゆとり

新着

ビジネス

暮らし

ゆとり

新着

ビジネス

暮らし

ゆとり

フォローする
有料会員の方のみご利用になれます。気になる連載・コラム・キーワードをフォローすると、「Myニュース」でまとめよみができます。
新規会員登録ログイン
記事を保存する
有料会員の方のみご利用になれます。保存した記事はスマホやタブレットでもご覧いただけます。
新規会員登録ログイン