/

この記事は会員限定です

TPP拡大の基準緩めず 日本21年議長国、中国にハードル

[有料会員限定]

環太平洋経済連携協定(TPP)の加盟拡大への機運が高まってきた。英国が2021年にも協議に入るほか、タイも参加をめざしている。来年に議長国となる日本は関税自由化率や投資の高い水準を堅持する。自由貿易の国際ルールを主導する狙いで、参加に意欲を示した中国へのハードルになる。

「TPPは参加11カ国でやっているが、それぞれの国の了解がなければ簡単には入れない」。菅義偉首相は11日のインターネット番組で中...

この記事は会員限定です。登録すると続きをお読みいただけます。

残り1110文字

すべての記事が読み放題
有料会員が初回1カ月無料

セレクション

トレンドウオッチ

新着

注目

ビジネス

ライフスタイル

新着

注目

ビジネス

ライフスタイル

新着

注目

ビジネス

ライフスタイル

フォローする
有料会員の方のみご利用になれます。気になる連載・コラム・キーワードをフォローすると、「Myニュース」でまとめよみができます。
新規会員登録ログイン
記事を保存する
有料会員の方のみご利用になれます。保存した記事はスマホやタブレットでもご覧いただけます。
新規会員登録ログイン
Think! の投稿を読む
記事と併せて、エキスパート(専門家)のひとこと解説や分析を読むことができます。会員の方のみご利用になれます。
新規会員登録 (無料)ログイン
図表を保存する
有料会員の方のみご利用になれます。保存した図表はスマホやタブレットでもご覧いただけます。
新規会員登録ログイン