/

首相長男は「利害関係者の疑義」 総務省が説明

 衆院予算委で答弁する総務省の原邦彰官房長=15日午後

総務省幹部が菅義偉首相の長男から接待を受けた疑惑を巡り、立憲民主党の今井雅人氏は15日の衆院予算委員会で公務員倫理上の問題点を追及した。同省の原邦彰官房長は衛星放送関連会社に勤める長男が「利害関係者」に当たるかを問われ「疑義があることは否定できない」と答弁した。

同省の秋本芳徳情報流通行政局長は長男との会食を「深く反省している」と陳謝した。会食の目的は「調査を受けている最中」と説明を避けた。

菅義偉首相は「国民から疑念を抱かれる行動は控えるべきだ。ルールに基づいて透明な形で総務省でしっかり対応してほしい」と話した。

立民の大河原雅子氏は首相の家族観を尋ねた。首相は子育てで大事にしている点を聞かれ「自分のことは自分で責任を持ってと強く言って育ててきた」と語った。

家族が1つの名字でないといけないか、との質問には「別氏とかいろんなことについても結婚すれば本人たちが判断すべきだ」と訴えた。選択的夫婦別姓を認めるのかと問われると「国民の間に様々な意見がある。国会での議論を注視する」と述べるにとどめた。

公明党の岡本三成氏は新型コロナウイルスのワクチンを首相や野党を含む政治リーダーが率先して接種すべきだと提案した。首相は「私も高齢者なので、順番がきたら率先して接種したい」と従来の答弁を繰り返した。

春割ですべての記事が読み放題
今なら2カ月無料!

セレクション

トレンドウオッチ

新着

ビジネス

暮らし

ゆとり

新着

ビジネス

暮らし

ゆとり

新着

ビジネス

暮らし

ゆとり

フォローする
有料会員の方のみご利用になれます。気になる連載・コラム・キーワードをフォローすると、「Myニュース」でまとめよみができます。
春割で申し込むログイン
記事を保存する
有料会員の方のみご利用になれます。保存した記事はスマホやタブレットでもご覧いただけます。
春割で申し込むログイン
Think! の投稿を読む
記事と併せて、エキスパート(専門家)のひとこと解説や分析を読むことができます。会員の方のみご利用になれます。
春割で申し込むログイン