/

この記事は会員限定です

夫婦別姓、賛否踏まえ検討 自民が月内に作業部会新設

国会議員、海外有識者に聞く

(更新) [有料会員限定]

自民党は月内にも選択的夫婦別姓について議論する「氏制度のあり方に関する検討ワーキングチーム」を新設する。党内や世論で賛否両論があるのを踏まえ、期限を設けずに論点を整理する。

選択的夫婦別姓は夫婦が望む場合、結婚後も双方が結婚前の姓を名乗るのを認めつつ、夫婦同姓も選べる仕組みだ。

政府は昨年12月に閣議決定した21年度からの第5次男女共同参画基本計画で、当初案にあった「選択的夫婦別氏」の文言を削った...

この記事は会員限定です。登録すると続きをお読みいただけます。

残り1773文字

すべての記事が読み放題
有料会員が初回1カ月無料

関連トピック

トピックをフォローすると、新着情報のチェックやまとめ読みがしやすくなります。

セレクション

トレンドウオッチ

新着

注目

ビジネス

暮らし

新着

注目

ビジネス

暮らし

新着

注目

ビジネス

暮らし

フォローする
有料会員の方のみご利用になれます。気になる連載・コラム・キーワードをフォローすると、「Myニュース」でまとめよみができます。
新規会員登録ログイン
記事を保存する
有料会員の方のみご利用になれます。保存した記事はスマホやタブレットでもご覧いただけます。
新規会員登録ログイン
Think! の投稿を読む
記事と併せて、エキスパート(専門家)のひとこと解説や分析を読むことができます。会員の方のみご利用になれます。
新規会員登録 (無料)ログイン