/

この記事は会員限定です

衆院議長、香港情勢で懸念伝達、習氏側近に

[有料会員限定]

大島理森衆院議長は15日、衆院議長公邸で中国の栗戦書(リー・ジャンシュー)全国人民代表大会(全人代)常務委員長とテレビ会議方式で協議した。大島氏は沖縄県・尖閣諸島周辺での中国公船による領海侵入や中国が統制を強める香港情勢について懸念を伝えた。

栗氏は習近平(シー・ジンピン)国家主席の側近で中国共産党序列3位にあたる。衆院事務局によると延期した習氏の国賓来日を巡るやりとりはなかった。

大島氏は「両国...

この記事は会員限定です。登録すると続きをお読みいただけます。

残り283文字

春割ですべての記事が読み放題
今なら2カ月無料!

セレクション

トレンドウオッチ

新着

ビジネス

暮らし

ゆとり

新着

ビジネス

暮らし

ゆとり

新着

ビジネス

暮らし

ゆとり

フォローする
有料会員の方のみご利用になれます。気になる連載・コラム・キーワードをフォローすると、「Myニュース」でまとめよみができます。
春割で申し込むログイン
記事を保存する
有料会員の方のみご利用になれます。保存した記事はスマホやタブレットでもご覧いただけます。
春割で申し込むログイン
Think! の投稿を読む
記事と併せて、エキスパート(専門家)のひとこと解説や分析を読むことができます。会員の方のみご利用になれます。
春割で申し込むログイン