/

北朝鮮弾道ミサイル 首相「安保理決議違反、強く非難」

北朝鮮による飛翔体の発射について報道陣の質問に答える菅首相(15日、首相官邸)

菅義偉首相は15日午後、北朝鮮が弾道ミサイルを発射したと断定したうえで「日本と地域の平和と安全を脅かすもので言語道断だ」と述べた。国連安全保障理事会の決議に違反すると指摘し「厳重に抗議し強く非難する」と強調した。

首相官邸で記者団の質問に答えた。米国や韓国などの関係国と緊密に連携すると語った。「国民の命と平和な暮らしを断固として守り抜く決意だ」と訴えた。

首相は①情報収集と分析に全力を挙げること②航空機と船舶の安全確保③不測の事態に備えて万全の体制を取ること――の3点を関係府省庁に指示したと明らかにした。政府は15日中に国家安全保障会議(NSC)を開いて対応を協議する。

すべての記事が読み放題
有料会員が初回1カ月無料

関連トピック

トピックをフォローすると、新着情報のチェックやまとめ読みがしやすくなります。

セレクション

トレンドウオッチ

新着

注目

ビジネス

ライフスタイル

新着

注目

ビジネス

ライフスタイル

新着

注目

ビジネス

ライフスタイル

フォローする
有料会員の方のみご利用になれます。気になる連載・コラム・キーワードをフォローすると、「Myニュース」でまとめよみができます。
新規会員登録ログイン
記事を保存する
有料会員の方のみご利用になれます。保存した記事はスマホやタブレットでもご覧いただけます。
新規会員登録ログイン
Think! の投稿を読む
記事と併せて、エキスパート(専門家)のひとこと解説や分析を読むことができます。会員の方のみご利用になれます。
新規会員登録 (無料)ログイン