/

軍事パレード分析、米韓と連携 防衛相

 軍事パレードに登場した「北極星5」と書かれた新型とみられる潜水艦発射弾道ミサイル=14日、平壌の金日成広場(朝鮮中央通信=共同)

岸信夫防衛相は15日の記者会見で、北朝鮮による14日の軍事パレードの分析で米国、韓国と連携する方針を示した。公開された複数の弾道ミサイルについて「必要な情報収集を進める」と話した。「パレードという形で北朝鮮の軍事力を誇示する動きだと理解している」と言及した。

朝鮮中央通信が15日に第8回朝鮮労働党大会の記念行事としてパレードの実施を伝えた。新型とみられる潜水艦発射弾道ミサイル(SLBM)が公開された。加藤勝信官房長官も同日の記者会見で「米国などと緊密に連携し警戒監視に全力を尽くす」と述べた。

すべての記事が読み放題
有料会員が初回1カ月無料

セレクション

トレンドウオッチ

新着

ビジネス

暮らし

ゆとり

新着

ビジネス

暮らし

ゆとり

新着

ビジネス

暮らし

ゆとり

フォローする
有料会員の方のみご利用になれます。気になる連載・コラム・キーワードをフォローすると、「Myニュース」でまとめよみができます。
新規会員登録ログイン
記事を保存する
有料会員の方のみご利用になれます。保存した記事はスマホやタブレットでもご覧いただけます。
新規会員登録ログイン
Think! の投稿を読む
記事と併せて、エキスパート(専門家)のひとこと解説や分析を読むことができます。会員の方のみご利用になれます。
新規会員登録 (無料)ログイン