/

この記事は会員限定です

歴代首相の演説、看板政策を反映 「所得倍増」「米百俵」

よくわかる施政方針演説

(更新) [有料会員限定]

歴代首相は国会演説に自らの内閣がめざす看板政策や、それを推進するための故事を盛り込んできた。

たとえば池田勇人氏は1960年の演説で「今後10年以内に国民所得を2倍以上にすることを目標とする」と訴え、高度経済成長をなし遂げた。

竹下登氏は88年の所信表明演説で税制の抜本的改革を実現すると強調した。「この身命のすべてをささげ、国民の皆様の心を心として、これら重要課題の解決に取り組む」と語り、消費税導...

この記事は会員限定です。登録すると続きをお読みいただけます。

残り665文字

すべての記事が読み放題
有料会員が初回1カ月無料

セレクション

トレンドウオッチ

新着

ビジネス

暮らし

ゆとり

新着

ビジネス

暮らし

ゆとり

新着

ビジネス

暮らし

ゆとり

フォローする
有料会員の方のみご利用になれます。気になる連載・コラム・キーワードをフォローすると、「Myニュース」でまとめよみができます。
新規会員登録ログイン
記事を保存する
有料会員の方のみご利用になれます。保存した記事はスマホやタブレットでもご覧いただけます。
新規会員登録ログイン
Think! の投稿を読む
記事と併せて、エキスパート(専門家)のひとこと解説や分析を読むことができます。会員の方のみご利用になれます。
新規会員登録 (無料)ログイン