/

対中抑止へ防衛費増額を 小野寺・自民党安保調査会長

自民党の小野寺五典・安全保障調査会長

自民党の小野寺五典安全保障調査会長は16日のBSテレ東「NIKKEI 日曜サロン」で、中国への抑止力を強めるために防衛費を増やすべきだと主張した。中国の国防費の急拡大に言及し「大きな格差は埋めざるをえない」と述べた。

中国が台湾に侵攻する可能性について「最近高まっている」と指摘した。沖縄県の与那国島や宮古島の周辺海域で活動を活発にすれば「日本にも決定的に影響が出てくる」と語った。

台湾有事の際には「米軍が本格的に展開するのは時間がかかる」と話した。米中の台湾周辺の戦力に関して「今この瞬間では中国の方が有利だ」と分析した。

すべての記事が読み放題
有料会員が初回1カ月無料

関連トピック

トピックをフォローすると、新着情報のチェックやまとめ読みがしやすくなります。

セレクション

トレンドウオッチ

新着

注目

ビジネス

暮らし

新着

注目

ビジネス

暮らし

新着

注目

ビジネス

暮らし

フォローする
有料会員の方のみご利用になれます。気になる連載・コラム・キーワードをフォローすると、「Myニュース」でまとめよみができます。
新規会員登録ログイン
記事を保存する
有料会員の方のみご利用になれます。保存した記事はスマホやタブレットでもご覧いただけます。
新規会員登録ログイン
Think! の投稿を読む
記事と併せて、エキスパート(専門家)のひとこと解説や分析を読むことができます。会員の方のみご利用になれます。
新規会員登録 (無料)ログイン