/

この記事は会員限定です

党幹部に女性登用、自民議連提言 「発言の多様性確保」

[有料会員限定]

自民党の議員連盟「女性議員飛躍の会」の稲田朋美共同代表らは15日、党本部で二階俊博幹事長に提言を手渡した。党四役や役員会出席者への女性議員の登用を求めた。党の意思決定にかかわる幹部会議で「女性目線の意見が活発に交わされ発言の多様性を確保」するためだと記した。

東京五輪・パラリンピック大会組織委員会の会長辞任を表明した森喜朗元首相の女性蔑視と受け取れる発言を踏まえた。

「女性の声が半分に近づかなけれ...

この記事は会員限定です。登録すると続きをお読みいただけます。

残り334文字

すべての記事が読み放題
有料会員が初回1カ月無料

関連トピック

トピックをフォローすると、新着情報のチェックやまとめ読みがしやすくなります。

セレクション

トレンドウオッチ

新着

注目

ビジネス

暮らし

新着

注目

ビジネス

暮らし

新着

注目

ビジネス

暮らし

フォローする
有料会員の方のみご利用になれます。気になる連載・コラム・キーワードをフォローすると、「Myニュース」でまとめよみができます。
新規会員登録ログイン
記事を保存する
有料会員の方のみご利用になれます。保存した記事はスマホやタブレットでもご覧いただけます。
新規会員登録ログイン
Think! の投稿を読む
記事と併せて、エキスパート(専門家)のひとこと解説や分析を読むことができます。会員の方のみご利用になれます。
新規会員登録 (無料)ログイン