/

この記事は会員限定です

直近10年、首相の演説の力点はどこに

よくわかる施政方針演説

[有料会員限定]

首相の施政方針演説には通常国会の冒頭で内閣の基本方針を示す目的がある。直近10年間の各演説には力点を置く政治課題が盛り込まれてきた。

10年間のうち民主党が政権を担っていた2011年と12年はそれぞれ当時の菅直人、野田佳彦両首相が演説した。13年以降は20年まで8回連続で安倍晋三前首相が担った。

菅、野田両氏は社会保障と税の一体改革で与野党協議を要請する内容を盛り込んだ。10年7月の参院選で与党の...

この記事は会員限定です。登録すると続きをお読みいただけます。

残り357文字

すべての記事が読み放題
有料会員が初回1カ月無料

関連トピック

トピックをフォローすると、新着情報のチェックやまとめ読みがしやすくなります。

セレクション

トレンドウオッチ

新着

注目

ビジネス

暮らし

新着

注目

ビジネス

暮らし

新着

注目

ビジネス

暮らし

フォローする
有料会員の方のみご利用になれます。気になる連載・コラム・キーワードをフォローすると、「Myニュース」でまとめよみができます。
新規会員登録ログイン
記事を保存する
有料会員の方のみご利用になれます。保存した記事はスマホやタブレットでもご覧いただけます。
新規会員登録ログイン
Think! の投稿を読む
記事と併せて、エキスパート(専門家)のひとこと解説や分析を読むことができます。会員の方のみご利用になれます。
新規会員登録 (無料)ログイン