/

中央省庁の女性幹部職員、過去最多に

加藤勝信官房長官は14日の記者会見で、中央府省庁の女性の幹部職員が過去最多の39人になったと発表した。2020年より3人増えた。

加藤氏は「霞が関全体で最適な人事をした。より職責の高いポストへの女性登用を進めている」と強調した。女性の次官級は4人、局長級は9人になった。

すべての記事が読み放題
有料会員が初回1カ月無料

セレクション

トレンドウオッチ

新着

注目

ビジネス

ライフスタイル

新着

注目

ビジネス

ライフスタイル

新着

注目

ビジネス

ライフスタイル

フォローする
有料会員の方のみご利用になれます。気になる連載・コラム・キーワードをフォローすると、「Myニュース」でまとめよみができます。
新規会員登録ログイン
記事を保存する
有料会員の方のみご利用になれます。保存した記事はスマホやタブレットでもご覧いただけます。
新規会員登録ログイン
Think! の投稿を読む
記事と併せて、エキスパート(専門家)のひとこと解説や分析を読むことができます。会員の方のみご利用になれます。
新規会員登録 (無料)ログイン