/

この記事は会員限定です

2度の駐在、革新政権知る 駐韓大使・相星孝一氏

このヒト

[有料会員限定]

日韓関係の悪化が続く状況で韓国大使に起用された。閣議決定は8日朝。ソウル中央地裁が旧日本軍の元従軍慰安婦に対する賠償を日本政府に命じる判決を出すのとほぼ同じ時間帯だった。

前任の冨田浩司氏が米国のバイデン次期大統領の就任に合わせて駐米大使に就くのに伴う人事だ。2回の韓国駐在経験があり、2度目の着任が2006年で盧武鉉(ノ・ムヒョン)大統領の時代だったのが人選の背景にある。文在寅(ムン・ジェイン)大...

この記事は会員限定です。登録すると続きをお読みいただけます。

残り286文字

春割ですべての記事が読み放題
今なら2カ月無料!

関連トピック

トピックをフォローすると、新着情報のチェックやまとめ読みがしやすくなります。

セレクション

トレンドウオッチ

新着

ビジネス

暮らし

ゆとり

新着

ビジネス

暮らし

ゆとり

新着

ビジネス

暮らし

ゆとり

フォローする
有料会員の方のみご利用になれます。気になる連載・コラム・キーワードをフォローすると、「Myニュース」でまとめよみができます。
春割で申し込むログイン
記事を保存する
有料会員の方のみご利用になれます。保存した記事はスマホやタブレットでもご覧いただけます。
春割で申し込むログイン
Think! の投稿を読む
記事と併せて、エキスパート(専門家)のひとこと解説や分析を読むことができます。会員の方のみご利用になれます。
春割で申し込むログイン