/

首相、ロイヤルHD会長と面会 飲食などの現状協議

菅義偉首相は14日、首相公邸でロイヤルホールディングスの菊地唯夫会長と面会した。新型コロナウイルスによる飲食などのビジネスへの影響を話し合った。首相は業界の財務面の厳しさなどに関し「政府としてできる支援をしたい」と話した。

ロイヤルホストの店舗(東京・西新宿)

菊地氏は面会後、記者団に明かした。2020年4月の最初の緊急事態宣言の発出から、まもなく1年になる。首相に「資金の調達など、これまでなかった財務的なリスクが出てきた」と伝えたという。

菊地氏は「今どのくらい売り上げがインパクトを受け、何に困っているのかを説明した」とも明かした。

首相は14日、産婦人科医の吉村泰典慶大名誉教授らとも会った。不妊治療を巡る国の助成などについて協議した。

すべての記事が読み放題
有料会員が初回1カ月無料

関連トピック

トピックをフォローすると、新着情報のチェックやまとめ読みがしやすくなります。

関連企業・業界

業界:

セレクション

トレンドウオッチ

新着

注目

ビジネス

暮らし

新着

注目

ビジネス

暮らし

新着

注目

ビジネス

暮らし

フォローする
有料会員の方のみご利用になれます。気になる連載・コラム・キーワードをフォローすると、「Myニュース」でまとめよみができます。
新規会員登録ログイン
記事を保存する
有料会員の方のみご利用になれます。保存した記事はスマホやタブレットでもご覧いただけます。
新規会員登録ログイン
Think! の投稿を読む
記事と併せて、エキスパート(専門家)のひとこと解説や分析を読むことができます。会員の方のみご利用になれます。
新規会員登録 (無料)ログイン