/

首相が脱炭素で意見交換 トヨタ社長、日本製鉄会長と

(更新)
関係閣僚会議で発言する菅首相(14日、首相官邸)

菅義偉首相は14日午後、首相公邸でトヨタ自動車の豊田章男社長、日本製鉄の進藤孝生会長と相次いで会談した。2050年の脱炭素社会の実現に向けた方策について意見を交わした。

進藤氏は面会後、記者団に「ゼロカーボンを目指して我々の考え方を聞いていただいた。大変有意義だった」と語った。

豊田氏は東京五輪・パラリンピック大会組織委員会会長の辞任を表明した森喜朗氏が女性を蔑視した発言を巡り「誠に遺憾だ」とのコメントを発表している。

すべての記事が読み放題
有料会員が初回1カ月無料

関連企業・業界

セレクション

トレンドウオッチ

新着

注目

ビジネス

暮らし

新着

注目

ビジネス

暮らし

新着

注目

ビジネス

暮らし

フォローする
有料会員の方のみご利用になれます。気になる連載・コラム・キーワードをフォローすると、「Myニュース」でまとめよみができます。
新規会員登録ログイン
記事を保存する
有料会員の方のみご利用になれます。保存した記事はスマホやタブレットでもご覧いただけます。
新規会員登録ログイン
Think! の投稿を読む
記事と併せて、エキスパート(専門家)のひとこと解説や分析を読むことができます。会員の方のみご利用になれます。
新規会員登録 (無料)ログイン