/

接待問題、行政判断への影響追及 野党参院幹部

与党、政策曲げられていないか確認

与野党の参院幹部は14日のNHK番組で、NTTや放送事業会社「東北新社」による総務省幹部の接待問題を巡り論戦を交わした。

霞が関の官庁街

立憲民主党の森裕子参院幹事長は行政の違法な判断につながった可能性を指摘し、徹底追及する姿勢を強めた。自民党の世耕弘成参院幹事長は「政策が曲げられていないかチェックする」と述べ、参院審議でただしていく考えを示した。

森氏は、菅義偉首相の長男正剛氏が勤める東北新社の外国資本規制違反に関し「忖度があったのではないか」と述べ、総務省の認定がゆがめられた疑いを問題視した。

共産党の井上哲士参院幹事長は、総務相在任中にNTT幹部らと会食した自民党の野田聖子幹事長代行や高市早苗衆院議員を念頭に「真相解明が大事だ」と国会招致を主張した。世耕氏は、政治家と企業経営者らの会食に関し「職務権限や許認可が絡まない意見交換」は認められるとした。

公明党の西田実仁参院議員会長は、総務省の検証委員会の調査について「客観性の担保が問われる」として、人事院の国家公務員倫理審査会との共同調査を提案した。〔共同〕

春割ですべての記事が読み放題
今なら2カ月無料!

関連企業・業界

セレクション

トレンドウオッチ

新着

ビジネス

暮らし

ゆとり

新着

ビジネス

暮らし

ゆとり

新着

ビジネス

暮らし

ゆとり

フォローする
有料会員の方のみご利用になれます。気になる連載・コラム・キーワードをフォローすると、「Myニュース」でまとめよみができます。
春割で申し込むログイン
記事を保存する
有料会員の方のみご利用になれます。保存した記事はスマホやタブレットでもご覧いただけます。
春割で申し込むログイン
Think! の投稿を読む
記事と併せて、エキスパート(専門家)のひとこと解説や分析を読むことができます。会員の方のみご利用になれます。
春割で申し込むログイン