/

現時点で自衛隊派遣要請なし 引き続き準備 防衛相

福島・宮城両県での地震を受け、記者団の取材に答える岸防衛相(14日、防衛省)

岸信夫防衛相は14日午前、福島・宮城両県で震度6強を観測した地震を受けた自衛隊派遣要請は受けていないと明らかにした。引き続き関係省庁や自治体と連携し準備態勢を取り「要請された場合、速やかに対応する」と表明した。防衛省での幹部会議後、記者団に話した。

陸海空自衛隊は航空機を使った上空からの被害情報の収集を続ける。岩手、宮城、福島、山形、茨城5県の55市町村に連絡員を派遣した。岸氏は現時点で「大きな被害は認められていない」と言及した。

すべての記事が読み放題
有料会員が初回1カ月無料

セレクション

トレンドウオッチ

新着

注目

ビジネス

暮らし

新着

注目

ビジネス

暮らし

新着

注目

ビジネス

暮らし

フォローする
有料会員の方のみご利用になれます。気になる連載・コラム・キーワードをフォローすると、「Myニュース」でまとめよみができます。
新規会員登録ログイン
記事を保存する
有料会員の方のみご利用になれます。保存した記事はスマホやタブレットでもご覧いただけます。
新規会員登録ログイン
Think! の投稿を読む
記事と併せて、エキスパート(専門家)のひとこと解説や分析を読むことができます。会員の方のみご利用になれます。
新規会員登録 (無料)ログイン