/

待機要請違反なら氏名公表も 政府、全ての入国者対象

(更新)
think!多様な観点からニュースを考える

政府は13日、日本人を含めた全ての入国者を対象に、14日間の待機要請などに従わない場合は氏名を公表する可能性があると発表した。外国人については在留資格の取り消しや強制退去手続きを取ることもあり得る。

14日午前0時以降の入国者を対象とする。政府は昨年末に英国などで変異種が見つかって以降、自宅や宿泊施設での14日間の待機を要請する対象者に、公共交通機関の不使用や待機に関する誓約書の提出を求めてきた。

今後は違反した場合は氏名を公表する可能性があると誓約書に明記する。

新型コロナ特集ページへ

※掲載される投稿は投稿者個人の見解であり、日本経済新聞社の見解ではありません。

  • この投稿は現在非表示に設定されています

    (更新)
    (0/300)
(0/300)
投稿内容をご確認ください
投稿チェック項目誤字脱字がないかご確認ください
投稿チェック項目トラブル防止のため、記事で紹介している企業や人物と個人的つながりや利害関係がある場合はその旨をお書き添えください
詳細は日経のコメントガイドラインをご参照ください

初割ですべての記事が読み放題
今なら2カ月無料!

新型コロナ

新型コロナウイルスによる肺炎が中国から世界に拡大しています。関連ニュースをこちらでまとめてお読みいただけます。

治療薬 休業・補償 ビジネス 国内 海外 感染状況

セレクション

トレンドウオッチ

新着

ビジネス

暮らし

ゆとり

新着

ビジネス

暮らし

ゆとり

新着

ビジネス

暮らし

ゆとり

フォローする
有料会員の方のみご利用になれます。気になる連載・コラム・キーワードをフォローすると、「Myニュース」でまとめよみができます。
新規会員登録ログイン
記事を保存する
有料会員の方のみご利用になれます。保存した記事はスマホやタブレットでもご覧いただけます。
新規会員登録ログイン