/

この記事は会員限定です

防衛費、質の転換が急務 装備・配置の最適化欠かせず

中国にらみ抑止力高める 中期防初の30兆円台へ

[有料会員限定]

政府が2022年末に改定をめざす中期防衛力整備計画(中期防)で防衛費を5年で30兆円台とする調整に入ったのは、中国を念頭に抑止力を高める狙いがある。国民負担を抑えるには安全保障環境に応じて装備品や配置を変える「質の転換」が欠かせない。

防衛費増額の背景には中国の軍事費がある。21年の国防費は20兆円規模と日本の4倍にあたる。経済成長を支えに1991年から30年間で42倍程度に増やした。

有事が危...

この記事は会員限定です。登録すると続きをお読みいただけます。

残り960文字

すべての記事が読み放題
有料会員が初回1カ月無料

セレクション

新着

注目

ビジネス

ライフスタイル

新着

注目

ビジネス

ライフスタイル

新着

注目

ビジネス

ライフスタイル

フォローする
有料会員の方のみご利用になれます。気になる連載・コラム・キーワードをフォローすると、「Myニュース」でまとめよみができます。
新規会員登録ログイン
記事を保存する
有料会員の方のみご利用になれます。保存した記事はスマホやタブレットでもご覧いただけます。
新規会員登録ログイン
Think! の投稿を読む
記事と併せて、エキスパート(専門家)のひとこと解説や分析を読むことができます。会員の方のみご利用になれます。
新規会員登録 (無料)ログイン
図表を保存する
有料会員の方のみご利用になれます。保存した図表はスマホやタブレットでもご覧いただけます。
新規会員登録ログイン