/

尾身氏「時短だけでは感染下火にできず」 コロナ対策

政府分科会の尾身会長と共に記者会見する菅首相(13日、首相官邸)

政府の新型コロナウイルス対策分科会の尾身茂会長は13日の記者会見で、感染拡大を抑えるために総合的な対策が必要だと指摘した。緊急事態宣言の対象地域に求める飲食店の営業時間短縮を巡り「宣言を出すような今の状況では、それだけでは感染を下火にはできない」と述べた。

時短は「万能薬ではないが一定程度効果があるのは明確になっている」と評価した。不要不急の外出自粛やテレワーク推進、イベントの人数制限などを「総合的にやる必要がある」と説明した。

感染拡大が止まらない場合に、より強い措置をとる可能性に触れた。「最悪の場合、時短よりももっと強い休業要請も選択肢としてはあり得る」と語った。

国民に要求する行動変容について「最もやるべきことは昼夜を問わず外出をなるべく控えることだ」と呼びかけた。

尾身氏は菅義偉首相の記者会見に同席した。

初割ですべての記事が読み放題
今なら2カ月無料!

新型コロナ

新型コロナウイルスによる肺炎が中国から世界に拡大しています。関連ニュースをこちらでまとめてお読みいただけます。

治療薬 休業・補償 ビジネス 国内 海外 感染状況

セレクション

トレンドウオッチ

新着

ビジネス

暮らし

ゆとり

新着

ビジネス

暮らし

ゆとり

新着

ビジネス

暮らし

ゆとり

フォローする
有料会員の方のみご利用になれます。気になる連載・コラム・キーワードをフォローすると、「Myニュース」でまとめよみができます。
新規会員登録ログイン
記事を保存する
有料会員の方のみご利用になれます。保存した記事はスマホやタブレットでもご覧いただけます。
新規会員登録ログイン