/

この記事は会員限定です

緊急事態拡大は「後手後手」 野党、小出し対応を批判 

[有料会員限定]

菅義偉首相は13日、首都圏に緊急事態宣言を再発令してから1週間たたずに対象地域を拡大した。野党は新型コロナウイルス対策を巡る政府の一連の対応が小出しで後手に回っていると批判した。18日召集の通常国会や4月の衆参補欠選挙を見据えて政権追及を強める。

「昨年12月の段階で手を打っておけば爆発的な拡大は防げた。対応に遅れがあったのではないか」。立憲民主党の今井雅人氏は13日の衆院内閣委員会で宣言を出すタ...

この記事は会員限定です。登録すると続きをお読みいただけます。

残り1048文字

すべての記事が読み放題
有料会員が初回1カ月無料

セレクション

トレンドウオッチ

新着

ビジネス

暮らし

ゆとり

新着

ビジネス

暮らし

ゆとり

新着

ビジネス

暮らし

ゆとり

フォローする
有料会員の方のみご利用になれます。気になる連載・コラム・キーワードをフォローすると、「Myニュース」でまとめよみができます。
新規会員登録ログイン
記事を保存する
有料会員の方のみご利用になれます。保存した記事はスマホやタブレットでもご覧いただけます。
新規会員登録ログイン
Think! の投稿を読む
記事と併せて、エキスパート(専門家)のひとこと解説や分析を読むことができます。会員の方のみご利用になれます。
新規会員登録 (無料)ログイン