/

首相「ルール、透明性に基づき決定を」 森会長後任人事

東京五輪・パラリンピック大会組織委員会の森会長が辞任することについて取材に応じる菅首相(12日、首相官邸)

菅義偉首相は12日夜、辞任表明した東京五輪・パラリンピック大会組織委員会の森喜朗会長の後任について「ルール、透明性に基づいて決定すべきだ」と述べた。「国民、世界から歓迎される新しい組織をできるだけ早くつくることを期待する」と語った。

首相官邸で記者団の質問に答えた。後任に橋本聖子五輪相の名前が挙がっていることを巡っては「国民が納得できるような手順を踏んで決定するのが大事だ。それ以上は何も決まっていない」と話した。

首相は森氏に対し「国民から信頼され、歓迎されるような組織、決め方が大事だ」と伝えたと明らかにした。後任会長を辞退した川淵三郎氏とは話していないという。

五輪に関しては「安全、安心の大会になるよう全力を尽くしていきたい」と強調した。

Tokyo Olympic and Paralympic 特設サイトはこちら

春割ですべての記事が読み放題
今なら2カ月無料!

セレクション

トレンドウオッチ

新着

ビジネス

暮らし

ゆとり

新着

ビジネス

暮らし

ゆとり

新着

ビジネス

暮らし

ゆとり

フォローする
有料会員の方のみご利用になれます。気になる連載・コラム・キーワードをフォローすると、「Myニュース」でまとめよみができます。
春割で申し込むログイン
記事を保存する
有料会員の方のみご利用になれます。保存した記事はスマホやタブレットでもご覧いただけます。
春割で申し込むログイン
Think! の投稿を読む
記事と併せて、エキスパート(専門家)のひとこと解説や分析を読むことができます。会員の方のみご利用になれます。
春割で申し込むログイン