/

「やむを得ず」「混乱の極み」 森氏辞任表明で与野党

東京五輪・パラリンピック大会組織委員会の森喜朗会長の辞任表明について、与野党から反応が相次いだ。

自民党の二階俊博幹事長は12日に談話を発表し「本人の判断でやむを得ない」と指摘した。「大会の招致から一貫して成功に向けて尽力いただき、功績は大変なものだった」と森氏を評価した。

世耕弘成参院幹事長は記者会見で「新会長の下、政府や関係団体も含めてチームワークで対処するしかない」と語った。政権運営への影響を問われ「政権とは別だ。政権や官邸が人事に口出しすることの方が問題だ」と述べた。

公明党の石井啓一幹事長は森氏の後任に関して「透明性を確保して多くの国民が納得する形で選んでいただきたい」と強調した。

野党は組織委の人事をめぐる混乱を批判した。立憲民主党の福山哲郎幹事長は自身のツイッターで「なぜ二転三転するのか。混乱の極み。政府のガバナンス欠如も甚だしい」と断じた。国民民主党の榛葉賀津也幹事長は「開かれたオープンな形で決めることが大事だ」と公正な人選の必要性を訴えた。

森氏から後任を要請された日本サッカー協会元会長の川淵三郎氏は就任に前向きだった。選考過程が不透明との批判を受けて受諾しない方針に転換した。

すべての記事が読み放題
有料会員が初回1カ月無料

セレクション

トレンドウオッチ

新着

注目

ビジネス

ライフスタイル

新着

注目

ビジネス

ライフスタイル

新着

注目

ビジネス

ライフスタイル

フォローする
有料会員の方のみご利用になれます。気になる連載・コラム・キーワードをフォローすると、「Myニュース」でまとめよみができます。
新規会員登録ログイン
記事を保存する
有料会員の方のみご利用になれます。保存した記事はスマホやタブレットでもご覧いただけます。
新規会員登録ログイン
Think! の投稿を読む
記事と併せて、エキスパート(専門家)のひとこと解説や分析を読むことができます。会員の方のみご利用になれます。
新規会員登録 (無料)ログイン