/

この記事は会員限定です

自衛隊、首都圏3病院を感染症・災害対応の中核に

21年度にも再編

[有料会員限定]

防衛省は全国に点在する自衛隊病院を2021年度にも再編する。首都圏の3病院の機能を拡充し、感染症や災害対応の中核病院と位置づける。新型コロナウイルスの感染拡大や相次ぐ災害を受け、病床拡張など非常時の対処力を高める。

中核病院となるのは自衛隊中央病院(東京・世田谷)と横須賀病院(神奈川県横須賀市)、新設の入間病院(埼玉県入間市)だ。入間は21年度末に開業し、横須賀は同年度中に建て替えに向けた調査工事...

この記事は会員限定です。登録すると続きをお読みいただけます。

残り544文字

すべての記事が読み放題
有料会員が初回1カ月無料

セレクション

トレンドウオッチ

新着

ビジネス

暮らし

ゆとり

新着

ビジネス

暮らし

ゆとり

新着

ビジネス

暮らし

ゆとり

フォローする
有料会員の方のみご利用になれます。気になる連載・コラム・キーワードをフォローすると、「Myニュース」でまとめよみができます。
新規会員登録ログイン
記事を保存する
有料会員の方のみご利用になれます。保存した記事はスマホやタブレットでもご覧いただけます。
新規会員登録ログイン
Think! の投稿を読む
記事と併せて、エキスパート(専門家)のひとこと解説や分析を読むことができます。会員の方のみご利用になれます。
新規会員登録 (無料)ログイン