/

宣言延長「感染者減少へ全力で取り組む」 官房長官

記者会見する加藤官房長官(12日午前、首相官邸)

加藤勝信官房長官は12日の記者会見で、新型コロナウイルスに対応する東京などへの緊急事態宣言の延長開始に関し「大変厳しい内容の措置で国民にさらに負担をかける」と述べた。「感染者数や入院者・重症者を減少させ、宣言を解除できるように全力で取り組みたい」と強調した。

東京都内の国立文化施設が都の要請を受けて一転休業したのに対し、自治体の判断に委ねていると説明した。「連休中と異なる上乗せの措置は、内容について丁寧に説明していきたい」と語った。

すべての記事が読み放題
有料会員が初回1カ月無料

セレクション

トレンドウオッチ

新着

注目

ビジネス

ライフスタイル

新着

注目

ビジネス

ライフスタイル

新着

注目

ビジネス

ライフスタイル

フォローする
有料会員の方のみご利用になれます。気になる連載・コラム・キーワードをフォローすると、「Myニュース」でまとめよみができます。
新規会員登録ログイン
記事を保存する
有料会員の方のみご利用になれます。保存した記事はスマホやタブレットでもご覧いただけます。
新規会員登録ログイン
Think! の投稿を読む
記事と併せて、エキスパート(専門家)のひとこと解説や分析を読むことができます。会員の方のみご利用になれます。
新規会員登録 (無料)ログイン