/

接待問題の検証委、すべて第三者で構成 総務相

閣議後の記者会見で東北新社の処分について言及する武田総務相(12日午前、国会内)

武田良太総務相は12日の記者会見で、総務省幹部の接待問題に関する検証委員会について第三者のみで構成すると表明した。「総務省職員は原則入らず、全て第三者で立ち上げるのがいい」と述べた。検事経験者などの参加を想定する。

武田氏は菅義偉首相の長男が勤める放送事業会社「東北新社」による接待問題を受けて検証委を設置する方針を発表していた。当初、検証委のトップに新谷正義総務副大臣を充てる考えだった。

NTTによる接待問題を巡っては、自民党の野田聖子幹事長代行、高市早苗前総務相ら歴代総務相が会食していた事実も明らかになった。武田氏は「政務三役経験者の取り扱いも含め、有識者の意見を聞きながら検討を進めたい」と語った。

春割ですべての記事が読み放題
今なら2カ月無料!

関連企業・業界

セレクション

トレンドウオッチ

新着

ビジネス

暮らし

ゆとり

新着

ビジネス

暮らし

ゆとり

新着

ビジネス

暮らし

ゆとり

フォローする
有料会員の方のみご利用になれます。気になる連載・コラム・キーワードをフォローすると、「Myニュース」でまとめよみができます。
春割で申し込むログイン
記事を保存する
有料会員の方のみご利用になれます。保存した記事はスマホやタブレットでもご覧いただけます。
春割で申し込むログイン
Think! の投稿を読む
記事と併せて、エキスパート(専門家)のひとこと解説や分析を読むことができます。会員の方のみご利用になれます。
春割で申し込むログイン