/

皇位継承「一定の結論を」 国民・玉木代表

国民民主党の玉木雄一郎代表は11日の記者会見で、安定的な皇位継承策を巡り、政府が月内に本格的な検討を開始する方向で調整に入ったことについて「遅いなとは思うが、評価したい」と歓迎した。同時に「安定継承につながる検討を幅広く行い、一定の結論を出してもらいたい」と強調した。

野党が求める女性宮家の創設や、女性天皇、女系天皇といった課題を挙げ「避けずに議論してもらいたい」と求めた。政府から国会に報告があれば「国会の中で総意をまとめていくことが大事だ。わが党でも議論を進める」とした。〔共同〕

すべての記事が読み放題
有料会員が初回1カ月無料

関連トピック

トピックをフォローすると、新着情報のチェックやまとめ読みがしやすくなります。

関連キーワード

セレクション

トレンドウオッチ

新着

注目

ビジネス

ライフスタイル

新着

注目

ビジネス

ライフスタイル

新着

注目

ビジネス

ライフスタイル

フォローする
有料会員の方のみご利用になれます。気になる連載・コラム・キーワードをフォローすると、「Myニュース」でまとめよみができます。
新規会員登録ログイン
記事を保存する
有料会員の方のみご利用になれます。保存した記事はスマホやタブレットでもご覧いただけます。
新規会員登録ログイン
Think! の投稿を読む
記事と併せて、エキスパート(専門家)のひとこと解説や分析を読むことができます。会員の方のみご利用になれます。
新規会員登録 (無料)ログイン