/

この記事は会員限定です

バイデン氏、初の対面会談 菅氏を選んだ理由

(更新) [有料会員限定]
think!多様な観点からニュースを考える

バイデン米大統領が1月の就任後、初めて対面で会う外国首脳が菅義偉首相になる見通しとなった。日本がかねて求めてきた首相の早期訪米を受け入れるのは、中国への抑止力を強化したい米側にとって日本の価値が一段と上がっている証左である。

バイデン氏は就任以降、各国首脳と電話で協議してきた。2月にはカナダのトルドー首相、3月にはメキシコのロペスオブラドール大統領とそれぞれオンライン形式で話し合った。

新型コロナ...

この記事は会員限定です。登録すると続きをお読みいただけます。

残り672文字

初割ですべての記事が読み放題
今なら2カ月無料!

関連トピック

トピックをフォローすると、新着情報のチェックやまとめ読みがしやすくなります。

セレクション

トレンドウオッチ

新着

注目

ビジネス

ライフスタイル

新着

注目

ビジネス

ライフスタイル

新着

注目

ビジネス

ライフスタイル

フォローする
有料会員の方のみご利用になれます。気になる連載・コラム・キーワードをフォローすると、「Myニュース」でまとめよみができます。
新規会員登録ログイン
記事を保存する
有料会員の方のみご利用になれます。保存した記事はスマホやタブレットでもご覧いただけます。
新規会員登録ログイン
Think! の投稿を読む
記事と併せて、エキスパート(専門家)のひとこと解説や分析を読むことができます。会員の方のみご利用になれます。
新規会員登録 (無料)ログイン
図表を保存する
有料会員の方のみご利用になれます。保存した図表はスマホやタブレットでもご覧いただけます。
新規会員登録ログイン