/

この記事は会員限定です

菅政権半年 衆院選へ浮沈にぎるワクチン

支持率、感染者数と連動

[有料会員限定]
think!多様な観点からニュースを考える

菅義偉政権は16日、発足から半年を迎える。当初は7割を超えた内閣支持率は新型コロナウイルスの新規感染者数の増加と反比例するように急落した。今秋までに実施される衆院選に向けて、感染対策の切り札と位置づけるワクチン接種の成否が政権の浮沈を握る。

今年は9月に自民党総裁選、10月に衆院議員の任期満了を控える。首相は「新型コロナ収束のために全力を尽くすのが最優先だ」と公言し、まずは感染拡大の防止に注力する...

この記事は会員限定です。登録すると続きをお読みいただけます。

残り1199文字

春割ですべての記事が読み放題
今なら2カ月無料!

セレクション

トレンドウオッチ

新着

ビジネス

暮らし

ゆとり

新着

ビジネス

暮らし

ゆとり

新着

ビジネス

暮らし

ゆとり

フォローする
有料会員の方のみご利用になれます。気になる連載・コラム・キーワードをフォローすると、「Myニュース」でまとめよみができます。
春割で申し込むログイン
記事を保存する
有料会員の方のみご利用になれます。保存した記事はスマホやタブレットでもご覧いただけます。
春割で申し込むログイン
Think! の投稿を読む
記事と併せて、エキスパート(専門家)のひとこと解説や分析を読むことができます。会員の方のみご利用になれます。
春割で申し込むログイン