/

新型コロナ支援「かつてないスピード」 開発協力白書

記者会見する茂木外相

茂木敏充外相は12日の閣議で、政府開発援助(ODA)などの実績や方針をまとめた2020年版開発協力白書を報告した。同白書では新型コロナウイルス支援の章を新設して日本の支援策の意義を訴えた。「かつてないスピードで実施している」と強調した。

小型救急車や病棟用ベッドなどの保健・医療関連機材の提供に加え、人材育成や感染予防の衛生指導などの取り組みを紹介した。中長期的な観点から途上国の保健・医療システムの構築支援をすると明記した。

19年のODA実績額は1兆6998億円になった。経済協力開発機構(OECD)の開発援助委員会の加盟国で米国、ドイツ、英国に次ぐ4位だった。

春割ですべての記事が読み放題
今なら2カ月無料!

新型コロナ

新型コロナウイルスの関連ニュースをこちらでまとめてお読みいただけます。

ワクチン・治療薬 休業・補償 ビジネス 国内 海外 感染状況

関連トピック

トピックをフォローすると、新着情報のチェックやまとめ読みがしやすくなります。

セレクション

トレンドウオッチ

新着

ビジネス

暮らし

ゆとり

新着

ビジネス

暮らし

ゆとり

新着

ビジネス

暮らし

ゆとり

フォローする
有料会員の方のみご利用になれます。気になる連載・コラム・キーワードをフォローすると、「Myニュース」でまとめよみができます。
春割で申し込むログイン
記事を保存する
有料会員の方のみご利用になれます。保存した記事はスマホやタブレットでもご覧いただけます。
春割で申し込むログイン
Think! の投稿を読む
記事と併せて、エキスパート(専門家)のひとこと解説や分析を読むことができます。会員の方のみご利用になれます。
春割で申し込むログイン