/

この記事は会員限定です

任期満了で衆院選は1度のみ 3年超の解散は11回

[有料会員限定]

衆院議員の4年の任期は10月21日に満了する。衆院は任期中に全議員が地位を失う解散がある。現行憲法下で任期を終えたのは三木武夫内閣だった1976年のみで、他は時の政権が途中で解散・総選挙に踏み切った。

現行憲法施行後の25回のうち任期満了まで残り1年を切った段階での解散は11回にのぼる。90年から2003年までの5回の衆院選はいずれもその前の選挙から3年以上経過していた。

09年の衆院選の際は任期...

この記事は会員限定です。登録すると続きをお読みいただけます。

残り218文字

すべての記事が読み放題
有料会員が初回1カ月無料

セレクション

トレンドウオッチ

新着

ビジネス

暮らし

ゆとり

新着

ビジネス

暮らし

ゆとり

新着

ビジネス

暮らし

ゆとり

フォローする
有料会員の方のみご利用になれます。気になる連載・コラム・キーワードをフォローすると、「Myニュース」でまとめよみができます。
新規会員登録ログイン
記事を保存する
有料会員の方のみご利用になれます。保存した記事はスマホやタブレットでもご覧いただけます。
新規会員登録ログイン
Think! の投稿を読む
記事と併せて、エキスパート(専門家)のひとこと解説や分析を読むことができます。会員の方のみご利用になれます。
新規会員登録 (無料)ログイン