/

首相、中韓のTPP参加「簡単には入れない」

菅義偉首相は11日のインターネット番組で、中国や韓国による環太平洋経済連携協定(TPP)への参加の可能性について慎重な見方を示した。「参加11カ国の了解がなければ簡単には入れない」と述べた。

TPPが他の枠組みより高い水準のルールの順守を要求することを踏まえ「大きなハードルがある。戦略的に考えながら対応する」とも語った。

中国の習近平(シー・ジンピン)国家主席と韓国の文在寅(ムン・ジェイン)大統領はそれぞれTPPへの加盟に意欲を示す。

自民党内で議論が続く選択的夫婦別姓に関しては「国民の声に耳を傾けながら時間をかけて対応していくことではないか」と言明した。「国民の間でいろんな議論がある。党内も大激論だ」とも話した。

すべての記事が読み放題
有料会員が初回1カ月無料

セレクション

トレンドウオッチ

新着

注目

ビジネス

ライフスタイル

新着

注目

ビジネス

ライフスタイル

新着

注目

ビジネス

ライフスタイル

フォローする
有料会員の方のみご利用になれます。気になる連載・コラム・キーワードをフォローすると、「Myニュース」でまとめよみができます。
新規会員登録ログイン
記事を保存する
有料会員の方のみご利用になれます。保存した記事はスマホやタブレットでもご覧いただけます。
新規会員登録ログイン
Think! の投稿を読む
記事と併せて、エキスパート(専門家)のひとこと解説や分析を読むことができます。会員の方のみご利用になれます。
新規会員登録 (無料)ログイン