/

この記事は会員限定です

茂木外相アフリカ訪問、民間投資促進で中国意識

モーリシャスで重油事故支援説明

(更新) [有料会員限定]

茂木敏充外相は13日、アフリカ4カ国訪問を終え帰国の途につく。茂木氏は各国でビジネス環境の整備を訴えた。アフリカには中国政府主導の経済支援で過剰債務を抱える国もある。民間企業の投資による経済の底上げを後押しし、各国が中国に依存しすぎるのを防ぐ狙いがある。

茂木氏がアフリカ大陸を訪れるのは2019年9月に外相に就任して初めてだ。8日からチュニジア、モザンビーク、南アフリカと足を運び、現地時間12日に...

この記事は会員限定です。登録すると続きをお読みいただけます。

残り1023文字

すべての記事が読み放題
有料会員が初回1カ月無料

新型コロナ

新型コロナウイルスの関連ニュースをこちらでまとめてお読みいただけます。

ワクチン・治療薬 休業・補償 ビジネス 国内 海外 感染状況

関連企業・業界

企業:

セレクション

トレンドウオッチ

新着

ビジネス

暮らし

ゆとり

新着

ビジネス

暮らし

ゆとり

新着

ビジネス

暮らし

ゆとり

フォローする
有料会員の方のみご利用になれます。気になる連載・コラム・キーワードをフォローすると、「Myニュース」でまとめよみができます。
新規会員登録ログイン
記事を保存する
有料会員の方のみご利用になれます。保存した記事はスマホやタブレットでもご覧いただけます。
新規会員登録ログイン
Think! の投稿を読む
記事と併せて、エキスパート(専門家)のひとこと解説や分析を読むことができます。会員の方のみご利用になれます。
新規会員登録 (無料)ログイン