/

「年内210人擁立めざす」 次期衆院選へ立民・枝野氏

立憲民主党の枝野幸男代表は13日放送のBSテレ東「NIKKEI日曜サロン」で、次期衆院選の候補者擁立について、年内に210人をめざす考えを示した。「立民の公認ないしこれに準ずる皆さんで総定数の過半数の233以上はたてる」とも述べた。

立民は現時点で199人の小選挙区候補を内定している。

国民民主党との連携に関して「おかしなことをしなければ現職や早い段階から決まっているところに候補者をぶつけない」と話した。

すべての記事が読み放題
有料会員が初回1カ月無料

セレクション

新着

注目

ビジネス

ライフスタイル

新着

注目

ビジネス

ライフスタイル

新着

注目

ビジネス

ライフスタイル

フォローする
有料会員の方のみご利用になれます。気になる連載・コラム・キーワードをフォローすると、「Myニュース」でまとめよみができます。
新規会員登録ログイン
記事を保存する
有料会員の方のみご利用になれます。保存した記事はスマホやタブレットでもご覧いただけます。
新規会員登録ログイン
Think! の投稿を読む
記事と併せて、エキスパート(専門家)のひとこと解説や分析を読むことができます。会員の方のみご利用になれます。
新規会員登録 (無料)ログイン
図表を保存する
有料会員の方のみご利用になれます。保存した図表はスマホやタブレットでもご覧いただけます。
新規会員登録ログイン