/

この記事は会員限定です

小選挙区の功罪、誤算の四半世紀 経験者が語る

政界Zoom

[有料会員限定]

衆院選に小選挙区制を取り入れて2021年で25年となる。二大政党による政権交代で政治に緊張感をもたらす目標は道半ばだ。中選挙区制での選挙を複数回経験した当選10回以上の与野党議員に小選挙区制の功罪を聞いた。

河村建夫元官房長官 薄い政権交代の危機感

小選挙区制導入などの政治改革は政党や政策本位で候補者を選び二大政党制を実現する狙いがあった。時の与党が政権運営を誤れば、受け皿となる党に取って代わられ...

この記事は会員限定です。登録すると続きをお読みいただけます。

残り2487文字

すべての記事が読み放題
有料会員が初回1カ月無料

関連トピック

トピックをフォローすると、新着情報のチェックやまとめ読みがしやすくなります。

セレクション

トレンドウオッチ

新着

注目

ビジネス

ライフスタイル

新着

注目

ビジネス

ライフスタイル

新着

注目

ビジネス

ライフスタイル

フォローする
有料会員の方のみご利用になれます。気になる連載・コラム・キーワードをフォローすると、「Myニュース」でまとめよみができます。
新規会員登録ログイン
記事を保存する
有料会員の方のみご利用になれます。保存した記事はスマホやタブレットでもご覧いただけます。
新規会員登録ログイン
Think! の投稿を読む
記事と併せて、エキスパート(専門家)のひとこと解説や分析を読むことができます。会員の方のみご利用になれます。
新規会員登録 (無料)ログイン