/

自衛隊看護官の大阪派遣決定 防衛相

「大阪コロナ重症センター」で公開された医師や看護師らの研修=11日午前、大阪市

岸信夫防衛相は11日午前の記者会見で、新型コロナウイルス対策で大阪府に自衛隊の看護官ら7人を派遣すると表明した。同日、吉村洋文知事から災害派遣要請を受けた。15日に運用開始する「大阪コロナ重症センター」(大阪市)に3人、中河内救命救急センター(東大阪市)に4人を送る。

派遣するのは看護師資格を持つ自衛官である看護官や准看護師資格の自衛官。重症センターには集中治療室(ICU)での看護に対応できる高いスキルの人材を送る。

自衛隊は感染が拡大する北海道旭川市にも9日から看護師ら10人を派遣している。

新型肺炎

春割ですべての記事が読み放題
今なら2カ月無料!

セレクション

トレンドウオッチ

新着

ビジネス

暮らし

ゆとり

新着

ビジネス

暮らし

ゆとり

新着

ビジネス

暮らし

ゆとり

フォローする
有料会員の方のみご利用になれます。気になる連載・コラム・キーワードをフォローすると、「Myニュース」でまとめよみができます。
春割で申し込むログイン
記事を保存する
有料会員の方のみご利用になれます。保存した記事はスマホやタブレットでもご覧いただけます。
春割で申し込むログイン
Think! の投稿を読む
記事と併せて、エキスパート(専門家)のひとこと解説や分析を読むことができます。会員の方のみご利用になれます。
春割で申し込むログイン