/

二階氏「訪朝の検討も」

自民党の二階俊博幹事長は10日、超党派の日朝国交正常化推進議員連盟の役員会で、日本人拉致問題の解決に向け、議連による訪朝の検討に言及した。「結果的に無駄でも、各党の協力をいただき、訪朝を考えてみるということも。1回では駄目かもしれないが、何回も繰り返すくらいのことをしなければ。行動を起こしていかなければならない」と述べた。

同時に、日本外交の現状に関し「何もしないで無為に時間を過ごしていたら、結果的には何ら効果、実績が上がっていない」と指摘。「皆が『拉致問題が一番大事』と言うが、言っているだけでは向こうの人には通じない」とも強調した。

同議連は、自民党の衛藤征士郎元衆院副議長が会長を務め、北朝鮮との対話を重視する立場。この日の役員会は国会内で開かれ、立憲民主、公明、共産など各党幹部が出席した。議員外交を積極的に展開し、拉致被害者全員の即時帰国を求めるとの決議を採択した。〔共同〕

春割ですべての記事が読み放題
今なら2カ月無料!

セレクション

トレンドウオッチ

新着

ビジネス

暮らし

ゆとり

新着

ビジネス

暮らし

ゆとり

新着

ビジネス

暮らし

ゆとり

フォローする
有料会員の方のみご利用になれます。気になる連載・コラム・キーワードをフォローすると、「Myニュース」でまとめよみができます。
春割で申し込むログイン
記事を保存する
有料会員の方のみご利用になれます。保存した記事はスマホやタブレットでもご覧いただけます。
春割で申し込むログイン
Think! の投稿を読む
記事と併せて、エキスパート(専門家)のひとこと解説や分析を読むことができます。会員の方のみご利用になれます。
春割で申し込むログイン