/

米政権との協議「建設的な対応を」 日・イラン外相会談

記者会見する茂木外相

茂木敏充外相は10日、イランのザリフ外相と電話で40分協議した。茂木氏はバイデン米政権がイランと協議する意向を示しているのを踏まえ「建設的な対応」を求めた。「米国との同盟関係やイランとの伝統的な友好関係を生かし積極的な外交努力を継続する」と伝えた。

茂木氏は同国が国際原子力機関(IAEA)の抜き打ち査察の受け入れを停止したことについて「強く懸念している」と表明した。イラン核合意を順守し、IAEAに協力するよう促した。

ザリフ氏は「日本の外交努力を高く評価する」と述べた。医療や環境分野の支援に謝意を示した。

春割ですべての記事が読み放題
今なら2カ月無料!

関連トピック

トピックをフォローすると、新着情報のチェックやまとめ読みがしやすくなります。

セレクション

トレンドウオッチ

新着

ビジネス

暮らし

ゆとり

新着

ビジネス

暮らし

ゆとり

新着

ビジネス

暮らし

ゆとり

フォローする
有料会員の方のみご利用になれます。気になる連載・コラム・キーワードをフォローすると、「Myニュース」でまとめよみができます。
春割で申し込むログイン
記事を保存する
有料会員の方のみご利用になれます。保存した記事はスマホやタブレットでもご覧いただけます。
春割で申し込むログイン
Think! の投稿を読む
記事と併せて、エキスパート(専門家)のひとこと解説や分析を読むことができます。会員の方のみご利用になれます。
春割で申し込むログイン