/

この記事は会員限定です

3月16日 コロナ下、G7初のテレビ会議

回顧2020

[有料会員限定]

新型コロナウイルスの感染拡大は外交の慣習も変えた。首脳や外相がそれぞれ大きな画面の前に座って話し合う風景が定着した。

新型コロナの影響が米欧でも深刻になり始めた3月16日。主要7カ国(G7)の首脳はテレビ会議システムで緊急の会議を開き、各国が結束して感染症に対応する姿勢を示した。

テレビ会議は1975年に6カ国で始まったサミットの歴史で初めてだった。他の国際会議と違い、首脳同士が自由に発言して考え...

この記事は会員限定です。登録すると続きをお読みいただけます。

残り608文字

春割ですべての記事が読み放題
今なら2カ月無料!

新型コロナ

新型コロナウイルスの関連ニュースをこちらでまとめてお読みいただけます。

ワクチン・治療薬 休業・補償 ビジネス 国内 海外 感染状況

セレクション

トレンドウオッチ

新着

ビジネス

暮らし

ゆとり

新着

ビジネス

暮らし

ゆとり

新着

ビジネス

暮らし

ゆとり

フォローする
有料会員の方のみご利用になれます。気になる連載・コラム・キーワードをフォローすると、「Myニュース」でまとめよみができます。
春割で申し込むログイン
記事を保存する
有料会員の方のみご利用になれます。保存した記事はスマホやタブレットでもご覧いただけます。
春割で申し込むログイン
Think! の投稿を読む
記事と併せて、エキスパート(専門家)のひとこと解説や分析を読むことができます。会員の方のみご利用になれます。
春割で申し込むログイン