/

日ウイグル議連、超党派で初会合 決議提出目指す

超党派の「日本ウイグル国会議員連盟」(古屋圭司会長)は10日、国会内で初会合を開いた。自民党のみで活動していたが、立憲民主党などを含む超党派へと改組した。中国によるウイグル族への弾圧を含め、国際的な人権問題の解決に向けた決議の国会提出を目指す。

古屋氏はウイグルや香港などを巡り「中国は常軌を逸した行動をしている」と強調した。「我々の明確な意思を示して政府の背中を押さねばならない」と呼びかけた。

米国のトランプ前政権はウイグル族への弾圧問題を国際法上の犯罪となる「ジェノサイド(民族大量虐殺)」と認定した。バイデン政権も踏襲する姿勢を示す。国際社会での関心の高まりを踏まえ、活動を強化する。

春割ですべての記事が読み放題
今なら2カ月無料!

セレクション

トレンドウオッチ

新着

ビジネス

暮らし

ゆとり

新着

ビジネス

暮らし

ゆとり

新着

ビジネス

暮らし

ゆとり

フォローする
有料会員の方のみご利用になれます。気になる連載・コラム・キーワードをフォローすると、「Myニュース」でまとめよみができます。
春割で申し込むログイン
記事を保存する
有料会員の方のみご利用になれます。保存した記事はスマホやタブレットでもご覧いただけます。
春割で申し込むログイン
Think! の投稿を読む
記事と併せて、エキスパート(専門家)のひとこと解説や分析を読むことができます。会員の方のみご利用になれます。
春割で申し込むログイン