/

この記事は会員限定です

米軍「トモダチ作戦」から10年 危機で深まる日米同盟

(更新) [有料会員限定]

東日本大震災と東京電力福島第1原子力発電所の事故から11日で10年を迎えた。米軍は「トモダチ作戦」と銘打ち被災地へ部隊を派遣し、人命の救助や物資の輸送などの支援を大規模に展開した。阪神大震災を契機に始まり、トモダチ作戦へとつながった自衛隊と米軍の危機下の協力は、日米同盟を深化させるきっかけとなってきた。

米国防総省のカービー報道官は9日の記者会見でトモダチ作戦は「強固な同盟関係の証しだ」と強調した...

この記事は会員限定です。登録すると続きをお読みいただけます。

残り1410文字

春割ですべての記事が読み放題
今なら2カ月無料!

東日本大震災10年

インフラ整備や産業・文化の復興、原発、防災、そして地域に生きる人々の10年とこれからをテーマにした記事をお届けします。

セレクション

トレンドウオッチ

新着

ビジネス

暮らし

ゆとり

新着

ビジネス

暮らし

ゆとり

新着

ビジネス

暮らし

ゆとり

フォローする
有料会員の方のみご利用になれます。気になる連載・コラム・キーワードをフォローすると、「Myニュース」でまとめよみができます。
春割で申し込むログイン
記事を保存する
有料会員の方のみご利用になれます。保存した記事はスマホやタブレットでもご覧いただけます。
春割で申し込むログイン
Think! の投稿を読む
記事と併せて、エキスパート(専門家)のひとこと解説や分析を読むことができます。会員の方のみご利用になれます。
春割で申し込むログイン