/

自民、夫婦別姓巡り新組織 座長に石原氏

think!多様な観点からニュースを考える
記者会見する自民党の下村政調会長(10日、党本部)

自民党の下村博文政調会長は10日の記者会見で「氏制度のあり方に関する検討ワーキングチーム(WT)」を党に新設すると表明した。石原伸晃元幹事長が座長に就く。選択的夫婦別姓制度を巡る意見集約をめざす。

下村氏は「家族の根幹に関わる重要な課題だ。党内で多様な意見があり、拙速な議論はしない」と述べた。期限を設けず、党の見解をまとめる意向を示した。

石原氏について「重鎮で党の意見を集約できる力量を持った方だ」と話した。

昨年末に政府が決めた第5次男女共同参画基本計画を巡っては、党内で意見集約できず「夫婦別姓」の文言を削った。下村氏は「国会でもいろんな提案が出ている中で自民党もそのまま放置できない問題だ」と語った。

※掲載される投稿は投稿者個人の見解であり、日本経済新聞社の見解ではありません。

  • この投稿は現在非表示に設定されています

    (更新)
    (0/300)
(0/300)
投稿内容をご確認ください
投稿チェック項目誤字脱字がないかご確認ください
投稿チェック項目トラブル防止のため、記事で紹介している企業や人物と個人的つながりや利害関係がある場合はその旨をお書き添えください
詳細は日経のコメントガイドラインをご参照ください

すべての記事が読み放題
有料会員が初回1カ月無料

セレクション

トレンドウオッチ

新着

注目

ビジネス

暮らし

新着

注目

ビジネス

暮らし

新着

注目

ビジネス

暮らし

フォローする
有料会員の方のみご利用になれます。気になる連載・コラム・キーワードをフォローすると、「Myニュース」でまとめよみができます。
新規会員登録ログイン
記事を保存する
有料会員の方のみご利用になれます。保存した記事はスマホやタブレットでもご覧いただけます。
新規会員登録ログイン
Think! の投稿を読む
記事と併せて、エキスパート(専門家)のひとこと解説や分析を読むことができます。会員の方のみご利用になれます。
新規会員登録 (無料)ログイン