/

福島の原発処理水、首相「いつまでも先送りできない」

(更新)
高田松原津波復興祈念公園に到着し、献花台に向かう菅首相(中央)=10日午後、岩手県陸前高田市(代表撮影)

菅義偉首相は10日、東京電力福島第1原子力発電所にたまる処理水の処分について「極めて重要なことで、いつまでも先送りすることはできない」と述べた。視察先の岩手県宮古市で記者団の質問に答えた。政府は処理水の海洋放出決定に向けて調整を進めている。

東日本大震災からの復興については「総仕上げの段階に入った。東北の発展に全力で取り組む」と語った。

 震災遺構「たろう観光ホテル」の視察を終え、記者の質問に答える菅首相。右は平沢復興相=10日午後、岩手県宮古市(代表撮影)

首相は就任後初めて宮城、岩手両県の被災地を訪れた。宮城県で石巻市の生鮮食品市場、岩手県では宮古市の防潮堤などを視察した。

すべての記事が読み放題
有料会員が初回1カ月無料

関連トピック

トピックをフォローすると、新着情報のチェックやまとめ読みがしやすくなります。

セレクション

トレンドウオッチ

新着

注目

ビジネス

暮らし

新着

注目

ビジネス

暮らし

新着

注目

ビジネス

暮らし

フォローする
有料会員の方のみご利用になれます。気になる連載・コラム・キーワードをフォローすると、「Myニュース」でまとめよみができます。
新規会員登録ログイン
記事を保存する
有料会員の方のみご利用になれます。保存した記事はスマホやタブレットでもご覧いただけます。
新規会員登録ログイン
Think! の投稿を読む
記事と併せて、エキスパート(専門家)のひとこと解説や分析を読むことができます。会員の方のみご利用になれます。
新規会員登録 (無料)ログイン