/

この記事は会員限定です

衆院解散、今秋の流れに 枝野氏「不信任案出せない」

(更新) [有料会員限定]
think!多様な観点からニュースを考える

菅義偉首相が今国会での衆院解散・総選挙を見送り、今秋ごろとする流れが強まってきた。立憲民主党の枝野幸男代表は10日、新型コロナウイルスの感染状況を理由に挙げ、解散を誘発しかねない内閣不信任決議案は当面提出しないと言及した。

首相もワクチン接種を最優先に掲げる。解散時期が衆院議員の任期満了に近づく可能性もある。

枝野氏は衆院予算委員会で質問した後、記者団に「現状で総選挙ができるとは思っていない」と指...

この記事は会員限定です。登録すると続きをお読みいただけます。

残り828文字

すべての記事が読み放題
有料会員が初回1カ月無料

新型コロナ

新型コロナウイルスの関連ニュースをこちらでまとめてお読みいただけます。

ワクチン・治療薬 休業・補償 ビジネス 国内 海外 感染状況

関連トピック

トピックをフォローすると、新着情報のチェックやまとめ読みがしやすくなります。

セレクション

トレンドウオッチ

新着

注目

ビジネス

暮らし

新着

注目

ビジネス

暮らし

新着

注目

ビジネス

暮らし

フォローする
有料会員の方のみご利用になれます。気になる連載・コラム・キーワードをフォローすると、「Myニュース」でまとめよみができます。
新規会員登録ログイン
記事を保存する
有料会員の方のみご利用になれます。保存した記事はスマホやタブレットでもご覧いただけます。
新規会員登録ログイン
Think! の投稿を読む
記事と併せて、エキスパート(専門家)のひとこと解説や分析を読むことができます。会員の方のみご利用になれます。
新規会員登録 (無料)ログイン